名古屋市港区・中川区で矯正⻭科・⻭列矯正をお探しなら【名古屋みなと歯科・矯正歯科】

Merit 矯正の種類別メリット

表側矯正

表側矯正治療は、歯の表面に装置を装着する一般的な矯正法です。装置を歯の表側に装着するため、どうしても矯正治療が目立ってしまうという欠点がありました。しかし近年、ホワイトワイヤーや透明なブラケットなどの目立たない装置が一般化してきたため、表側矯正でも目立ちにくい治療ができるようになりました。
また歯列矯正治療の中では価格がリーズナブルとなっております。

表側矯正治療の種類

セラミックブラケット サファイヤ

純粋なサファイアの単結晶(この世で2番目に硬い鉱石)で作られたラディアンス製の表側矯正装置を使用した治療法です。
セラミック製のブラケットが歯の色に近いため、メタルブラケットや金属製のデーモンシステムに比べて、あまり目立たずに矯正治療を行うことができますので、歯列矯正治療が目立つのを気にされる方に適した装置です。 費用は、メタルブラケットよりやや高額となります。
治療期間はメタルブラケットを用いた場合と変わりません。

メリット

1歯の色に近い装置なので、他の治療法より目立ちにくいです
ラディアンスという純粋なサファイアの単結晶(この世で2番目に硬い鉱石)で作られた表側矯正装置を使用した治療法です。ホワイトワイヤーとの併用でかなり目立ちにくくなります。

2金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がありません

デメリット

1メタルブラケットよりも装置が大きいため、口腔内に違和感を感じる場合がございます。唇に「ぶつかる」「すれる」と感じる方もいらっしゃいます。

2メタルブラケットに比べて、費用がやや高額となります

セラミックブラケット クリッピー

ワイヤーとブラケットの摩擦抵抗が少なく設計されているため、歯牙移動を柔軟にコントロールすることができ、矯正治療中の痛みも軽減されるといわれています。 それにより、短い時間で治療効果を上げることで、患者さんの負担も軽減します。素材は透明セラミックとロジウムコート金属。
クリッピーには、矯正をより美しく見せるために、小さくてすっきりした印象のメタルブラケットとナチュラルな白さが際立つセラミックブラケットの2タイプがあります。

メリット

1歯牙移動を柔軟にコントロールできるので、治療期間が短縮されます

2歯を動かすときの痛みが他の表側矯正治療に比べて少ない

デメリット

1メタルブラケットに比べて、費用がやや高額となります

治療のメリット・デメリットについても詳しく説明させていただきますので、まずは無料カウンセリングにお気軽にお越しください。

無料カウンセリングのお申し込みはこちら

舌側(裏側)矯正

舌側矯正(裏側矯正)は歯の裏側に矯正装置を装着しますので、正面から見えにくく、大きな口を開けなければ他人にもほとんど気づかれません。
歯の裏側は唾液が循環していますので、歯の表よりも自浄作用がはたらきやすくので、虫歯にもなりにくいのも特徴です。
また歯を奥に引き寄せる構造となっているので、前歯が出ている「出っ歯」の症例の治療に有効です。

舌側(裏側)矯正治療の種類

リンガル矯正

リンガル矯正治療は、歯の裏側に矯正装置を装着しますので、正面から見えにくく、大きな口を開けなければほとんど気づかれません。

メリット

1歯の裏側に装置をつけるため、人前でも口元が気になりません

2ほとんどの歯並びの治療に使用が可能です

3治療期間は、通常の矯正治療と同程度か、短期間で同じ治療効果が得られる場合が多いです。

デメリット

1裏側矯正は舌があたる部分に矯正装置があるため、治療開始当初は発音しにくくなる場合がありますが、次第に慣れて解消されます。

2裏側矯正は特殊な装置を使用するため高度な技術が必要となりますので治療費が比較的割高になります。